http://www.suttsu.hokkaido-c.ed.jp


       北海道寿都高等学校

                                  Hokkaido suttsu high School

〒048-0401
北海道寿都郡寿都町字新栄町136番地
TEL (職員室)0136-62-2289 (事務室)0136-62-2144
FAX 0136-62-2289  E-mail suttsu-z0@hokkaido-c.ed.jp

                  未来を始める場所 「未来の自分」の為に努力できるのは「今の自分」だけだ
 

 新着情報


   2019.01.23 Suttsukou Newsを更新しました

   2019.01.17 校長からを更新しました

   2019.01.10 部活動Newsを更新しました

  ■ 2018.12.21 コミュニティ・スクールを更新しました

   2018.12.21 学校だより(12月).pdfを更新しました

 

Suttsukou News

学校行事・生徒会活動・学習・進路
12345
2019/01/23new

気持ちだけでは意味がない

Tweet ThisSend to Facebook | by netcommons管理者
 最近検定取得を目指す生徒が増えてきました。生徒の「頑張りたい」という気持ちは大事にしたいと思っていますが、気持ちだけでは合格することはできません。
 「頑張りたい」という気持ちはあるのに、それに見合った具体的な努力をしない生徒がいるのが現実です。非常にもったいないと思うばかりです。
 「やりかたがわからないから行動できないのでは?、それを教えなければ?」というご意見もあるかもしれませんが、本校ではやるべきことは伝えます。伝えたことを全員で確認します。また、わからなければ自ら質問するということを大事にしています。このことはホームページ上で何度も採り上げてきたことです。
 動くのが遅ければ遅いほど合格する可能性は低くなります。どうにかなると思っていても検定の場合は、そう甘くはありません。
 しかし、高校に入学した時点の生徒の多くは「どうにかなる」と安易に考えているのが現実です。本校では「危機感」や「競争心」を芽生えさせることを重視していますが、高校段階だけでは限界があります。数年で劇的に変わるのは稀なことです。
 同じ集団で幼い頃からずっと一緒だった生徒が多い状況の中で、気持ちだけではなく行動も伴った「やる気」をどう芽生えさせるか、考える日々が続いています。

07:33 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/01/17

学校だけが昭和・平成で止まってはならない

Tweet ThisSend to Facebook | by netcommons管理者
 冬季休業が終わり、再び学校生活がスタートしました。3年生はいよいよセンター試験が今週末にやってきます。インフルエンザが流行る時期ですが、万全な体調で臨んでほしいと思っています。
 1・2年生もそれぞれの学年に合わせた進路活動をしていく必要があります。3年生になった時の為にしっかりとした土台を作ることを本校では重視しています。
 昨日、1年生の総合の時間で「努力」について話をしました。いつものように、進路にしても勉強にしても様々な努力が必要であり、努力するかどうかは自分次第だということを伝えました。言われたことしかできない社会人、言われるまで何もしない社会人、柔軟に対応できない社会人・・・苦しい思いをするのは社会に出た生徒です。
 本校は、手取り足取り指導はしない。その理由は、卒業後自分で考えて行動することができなくなるからです。生徒にもこの理由は伝えてあります。
 「厳しさがなくなった」と思われる方もいるかもしれません。しかし、ただ型にはめるだけ、ただ膨大な課題を与えるだけ、ただ長時間半強制的に取り組ませるだけが厳しさなのかというとそうではないと考えています。確かにこのような厳しさが必要な時代があったのは確かです。
 「自分で考えて行動する、やるかやらないかは自分次第」これもまた「厳しさ」と言えるのではないでしょうか。もちろんやるべきことは伝え、サポートは全力で行います。
 本校では現在「グランドデザイン」というものを教員全員で作成中です。新しい考え方、「これまで」の生徒ではなく「今」の生徒に合った教育、社会で必要な柔軟性を身に付ける教育等を考えています。
 世の中は変化し続けていきます。教育現場だけが昭和・平成のままであってはなりません。新しい世の中に歩んでいく生徒の為に教育現場も新しくなっていくことが求められます。時代を逆行するのではなく、数年前の本校とは違う「今」の生徒の為の「新しい厳しさ」を実践していきます。

07:05 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/01/07

Happy New Year!

Tweet ThisSend to Facebook | by netcommons管理者
 新年明けましておめでとうございます。今年もよろしく御願いします。

08:00 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/12/28

来年もよろしくお願いします

Tweet ThisSend to Facebook | by netcommons管理者
 今年も残すところ後わずかとなりました。今年は刷新した学校案内パンフレット、ホームページによって、「今」の寿都高校を知ってもらうことに力を入れてきました。
 来年はさらに「今」の寿都高校に加え、「これから」の寿都高校を発信していきたいと考えています。
 生徒が進路実現に向けて自らの意志で努力ができ、勉強も楽しむことも全力で取り組むことができる環境をこれからも目指していきたいと考えています。

 今年も様々な場面で多くの皆様に御協力していただきました。本当にありがとうございました。来年もよろしく御願いします。
 なお、12月29日(土)から1月3日(木)までは閉庁日、冬季休業は1月15日(火)までとなっています。
11:00 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2018/12/27

土本君 最優秀賞

Tweet ThisSend to Facebook | by 1学年
 第7回「井上靖記念館青少年エッセーコンクール」の授賞式が今月中旬、旭川市に於いて行われました。本校1年土本翔大君が最優秀賞を受賞し、表彰式に出席しました。


11:10 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2018/12/26

英語ふるさとアンテナショップ

Tweet ThisSend to Facebook | by netcommons管理者
   
   
 本日12月26日(水)、ニセコモイワスキーリゾートの山麓センターロッジにて、寿都町英語ふるさとアンテナショップを実施しました。昨年度も実施しましたが、今回は外国人利用客に対して試食を提供することをメインに行いました。
 児童・生徒が3、4名で一つのグループを作り、寿都町の特産品を紹介し試食してもらいました。たくさんの外国人の方々が快く対応してくれました。中には購入してくれた方や児童・生徒の様子を撮影する方、日本語で「頑張ってね」と声をかけてくれる方などがいました。
 最初は緊張して消極的ではありましたが、すぐに慣れ、教員の合図なしで自分たちのタイミングで積極的に交流する姿を見ることができました。

 今年は寿都町内で地域の方と話すことが多く、「大人が手をかけすぎている」「失敗を経験することも大事」という意見をよく耳にしていました。
 今回の取組は「最初の促し」はあったものの、その後は最低限のアドバイスのみだけで生徒の自主性を大切にしました。これこそが「生徒の自主性」という言葉に甘えず、だからと言って手をかけすぎない指導だと感じることができました。
 児童・生徒にとって良い経験になったと同時に、教員にとって「指導」と「生徒の自主性」のバランスを考える良い機会となりました。

 「平成」という時代が終わります。新しい時代に対応できる人材の育成が求められる今、まずは教員に、地域に、新しいことを取り入れる柔軟さが求められているのではないでしょうか。
 教育も日々進化していきます。新しい時代で「小さな学校だからできること」をこれからも考え実践していきたいと思います。

15:27 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2018/12/20

球技大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 生徒会
 12月20日(木)に球技大会を実施し、ドッジボール、バレーボール、バスケットボールの3種目を学年対抗で競いました。生徒たちは総合優勝を目指して白熱した試合を繰り広げていました。

 
 
15:13 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/12/19

小中高キャリア教育合同発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by netcommons管理者
  
12月14日(金)に寿都町総合文化センターウィズコムの大ホールで、小中高キャリア教育合同発表会が行われました。
 各校のキャリア教育に関わる取組を代表の児童・生徒が発表し、小学生と中学生にとって、将来自分が経験することを知る良い機会となりました。小学生は元気いっぱいな発表を、中学生は動画も含めた発表を、高校生は落ち着いた発表を見ることができました。当日の司会は2年連続で本校の生徒が務めました。抜群の安定感を発揮してくれました。
 また、発表の後には寿都町のこれからをテーマにしたワークショップを行いました。児童・生徒が4,5人で一つのグループを作り、様々な考えを出し合いました。
 寿都町のこれからについて考える良い機会になったのはもちろんですが、自分自身のコミュニケーション能力を知る機会にもなったと思います。
 自分の考えを知らない人に伝えることは非常に難しいことです。しかし、企業の面接や社会人になってからのことを考えると必要な力です。
 同じ集団で過ごす時間が多い小さな町ではその集団から抜けた時、自分らしさが失われてしまうことが懸念されます。
 多くの子供たちが高校卒業とともに、町外に出ていきます。一人ひとりが寿都町の「歩く宣伝塔」になってもらう為にも「知らない人」との交流を大切にしていくべきだと感じています。

14:12 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2018/12/05

総合学習発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by netcommons管理者
   
 12月4日(火)の5・6時間目に総合学習発表会を行いました。1年生は社会見学とスクールライフプランについて、2年生はインターンシップについて、3年生は進路活動について発表しました。
 声の大きさや話す速さ、スライドの色使い・文字の大きさなど、成果と課題を感じることができました。もちろん成長している部分はたくさんありました。
 御来賓の皆様、ありがとうございました。

 自主性という言葉があります。教育の世界ではよく使われる言葉です。しかし、生徒が作ったものに対して発表前にアドバイスをしないのは、自主性を尊重しているというより、自主性という言葉に甘えているだけだと思います。
 「見づらいから背景の色や文字の色、大きさを変えてみよう」というアドバイスは過度な指導ではなく普通のことです。次の機会に、アドバイスを受ける前に生徒が気づき工夫する・前回受けたアドバイスを思い出しそれを生かす。これこそが成長を土台とした自主性ではないでしょうか。
 もちろん本校も完ぺきではありません。改善すべき点はまだまだ多くあります。生徒の自主性という言葉に甘えるのではなく、だからと言って過度な指導はせず、バランスの取れた総合的な学習の時間を目指していきたいと考えています。

18:12 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2018/11/27

検定取得のすすめ

Tweet ThisSend to Facebook | by netcommons管理者
 本校では生徒に対して検定取得をすすめています。間違っても強制ではありません。他の学習指導や進路指導と同じように、取得するかどうかは生徒次第です。当然、検定取得のメリットは伝えています。
 そのメリットを何度も伝えているのですが、「仕事に使わないから取得しても意味がない」と思い続ける生徒がいます。
 もちろん、直接仕事で活かせる検定や資格は限られているのも事実です。しかし、検定取得の目的は「活かす」だけではないと思います。
①仕事に直接活かすことができる
②社会人として働く上で間接的に役に立つ場合がある
③目標を設定することによって、努力しやすくなる
④努力の証を賞状や認定証という形で残すことができる
⑤努力家をアピールすることができる
これらのことを理解できれば、意欲的に検定を取得する姿勢になれると思います。
検定取得がすべてではありません。取得しないという選択もあっていいと思いますが、何も考えずにただただ努力したくないという理由で検定を取得しないのは避けてほしいです。

06:55 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
12345