http://www.suttsu.hokkaido-c.ed.jp


       北海道寿都高等学校

                                  Hokkaido Suttsu High School

〒048-0401
北海道寿都郡寿都町字新栄町136番地
TEL (職員室)0136-62-2289 (事務室)0136-62-2144
FAX 0136-62-2289  E-mail suttsu-z0@hokkaido-c.ed.jp

                  未来を始める場所 「未来の自分」の為に努力できるのは「今の自分」だけだ
 

 新着情報


   ■ 2019.03.22 校長から を更新しました

 ■ 2019.03.22 学校だより(3月).pdfを更新しました

  2019.03.08 部活動Newsを更新しました

  2019.03.08 Suttsukou Newsを更新しました

 

Suttsukou News

学校行事・生徒会活動・学習・進路
12345
2019/03/08

直前の努力だけでは未来は切り拓けない

Tweet ThisSend to Facebook | by netcommons管理者
 本校の進路活動の中心は1・2年生にシフトされました。個別の面談を通してそれぞれの「やるべきこと」を伝えています。
 各試験の1・2か月前から努力し始める生徒がいます。しかし、それでは間に合わない。その努力は努力とは言わない。努力は継続して初めて成果となる。
 最近、このことを数名の生徒に伝えました。6月初めから専門学校のAO入試のエントリーが始まります。公務員試験まで約あと半年です。センター試験までも1年ありません。
 この3月が大事な時期だと考えています。4月になってからでは遅い。努力をしても目指す場所によっては実現できないかもしれない。しかし、努力を継続させなければ実現できる可能性は0のままです。
 「努力するか努力しないかはすべて自分次第。努力したことも努力しなかったことも後からすべて自分だけに返ってくる。」いつもこの言葉を面談の最後に生徒に伝えています。
 誰かが進路を実現してくれるわけではない。「未来の自分」の為に努力できるのは「今の自分」だけだ。
 

06:51 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/02/05

1年数学Ⅰの授業

Tweet ThisSend to Facebook | by 教務部
  
 先日、1学年数学Ⅰ【三角比】の授業で測量を行いました。課題は「体育館の高さを測ってみよう」です。
 事前準備として木の高さを測る方法を勉強し、冬季休業中の課題に東京スカイツリーの高さを測る方法について考察するレポート課題を行いました。実際にできるかどうかというところまで考えられた生徒は残念ながら少数だったこともあり、今回はグループで活動してもらいました。
 測り方にはグループごとに工夫が見られ、コンパス、分度器、三角定規を使用したり測定器を作製したりする組がいました。中にはボールを投げて距離を測ろうとする組もあり、良い発想だと感心しました。どの組も寒い体育館の中でよく取り組んでいましたが、一番実際の高さと近い値を求めたグループは事前によく話し合いや測る練習まで行ったグループでした。
 学校の勉強は知識ベースで考えられることが多いですが、教科書にある木の高さを測る問題は練習すれば大体の人は解けます。ただし、それを現実の問題と置き換えたときにどう活用できるかを考えることも大切になってきます。
 今回、ある生徒は体育館の壁のタイルを使って天井の高さを測ると発言した生徒がいました。発想はすごく柔軟で良いもので図形の相似を使えば求められましたが、知識がないことでそれ以上先へは進めませんでした。発想は良くても実現する知識がないのは残念です。同様に知識があっても使えなければそれも残念です。知識と、それを活用する力というは、どちらも必要な力です。
 数学に限らず、社会に出たとき答えのない問題や課題に立ち向かうときに「知識」も「活用」も大事になってくるのではないでしょうか。生徒たちには高校生活を通して、どちらの力も身に付けられるよう、日々の授業を行っていきたいと思います。


12:47 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/01/28

スキー授業開始!!

Tweet ThisSend to Facebook | by 野球部
 1月22日(火)からスキー授業が始まりました。1・2学年はニセコアンヌプリスキー場で各2回の授業を行います。3回目は、ニセコひらふスキー場でスキー遠足を実施します。冬季スポーツであるスキーに親しみ、友達と楽しく滑ることによって生涯スポーツにつながれば、大変有意義なことと思われます。
 写真は、1月25日(金)に行われた1年生の授業の一コマです。この日は天気がとてもよく、ニセコ山頂をバックに思わず一枚撮りました。
 これからも安全にかつ楽しく行っていきたいと思います。

13:08 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2019/01/23

気持ちだけでは意味がない

Tweet ThisSend to Facebook | by netcommons管理者
 最近検定取得を目指す生徒が増えてきました。生徒の「頑張りたい」という気持ちは大事にしたいと思っていますが、気持ちだけでは合格することはできません。
 「頑張りたい」という気持ちはあるのに、それに見合った具体的な努力をしない生徒がいるのが現実です。非常にもったいないと思うばかりです。
 「やりかたがわからないから行動できないのでは?、それを教えなければ?」というご意見もあるかもしれませんが、本校ではやるべきことは伝えます。伝えたことを全員で確認します。また、わからなければ自ら質問するということを大事にしています。このことはホームページ上で何度も採り上げてきたことです。
 動くのが遅ければ遅いほど合格する可能性は低くなります。どうにかなると思っていても検定の場合は、そう甘くはありません。
 しかし、高校に入学した時点の生徒の多くは「どうにかなる」と安易に考えているのが現実です。本校では「危機感」や「競争心」を芽生えさせることを重視していますが、高校段階だけでは限界があります。数年で劇的に変わるのは稀なことです。
 同じ集団で幼い頃からずっと一緒だった生徒が多い状況の中で、気持ちだけではなく行動も伴った「やる気」をどう芽生えさせるか、考える日々が続いています。

07:33 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2019/01/17

学校だけが昭和・平成で止まってはならない

Tweet ThisSend to Facebook | by netcommons管理者
 冬季休業が終わり、再び学校生活がスタートしました。3年生はいよいよセンター試験が今週末にやってきます。インフルエンザが流行る時期ですが、万全な体調で臨んでほしいと思っています。
 1・2年生もそれぞれの学年に合わせた進路活動をしていく必要があります。3年生になった時の為にしっかりとした土台を作ることを本校では重視しています。
 昨日、1年生の総合の時間で「努力」について話をしました。いつものように、進路にしても勉強にしても様々な努力が必要であり、努力するかどうかは自分次第だということを伝えました。言われたことしかできない社会人、言われるまで何もしない社会人、柔軟に対応できない社会人・・・苦しい思いをするのは社会に出た生徒です。
 本校は、手取り足取り指導はしない。その理由は、卒業後自分で考えて行動することができなくなるからです。生徒にもこの理由は伝えてあります。
 「厳しさがなくなった」と思われる方もいるかもしれません。しかし、ただ型にはめるだけ、ただ膨大な課題を与えるだけ、ただ長時間半強制的に取り組ませるだけが厳しさなのかというとそうではないと考えています。確かにこのような厳しさが必要な時代があったのは確かです。
 「自分で考えて行動する、やるかやらないかは自分次第」これもまた「厳しさ」と言えるのではないでしょうか。もちろんやるべきことは伝え、サポートは全力で行います。
 本校では現在「グランドデザイン」というものを教員全員で作成中です。新しい考え方、「これまで」の生徒ではなく「今」の生徒に合った教育、社会で必要な柔軟性を身に付ける教育等を考えています。
 世の中は変化し続けていきます。教育現場だけが昭和・平成のままであってはなりません。新しい世の中に歩んでいく生徒の為に教育現場も新しくなっていくことが求められます。時代を逆行するのではなく、数年前の本校とは違う「今」の生徒の為の「新しい厳しさ」を実践していきます。

07:05 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2019/01/07

Happy New Year!

Tweet ThisSend to Facebook | by netcommons管理者
 新年明けましておめでとうございます。今年もよろしく御願いします。

08:00 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/12/28

来年もよろしくお願いします

Tweet ThisSend to Facebook | by netcommons管理者
 今年も残すところ後わずかとなりました。今年は刷新した学校案内パンフレット、ホームページによって、「今」の寿都高校を知ってもらうことに力を入れてきました。
 来年はさらに「今」の寿都高校に加え、「これから」の寿都高校を発信していきたいと考えています。
 生徒が進路実現に向けて自らの意志で努力ができ、勉強も楽しむことも全力で取り組むことができる環境をこれからも目指していきたいと考えています。

 今年も様々な場面で多くの皆様に御協力していただきました。本当にありがとうございました。来年もよろしく御願いします。
 なお、12月29日(土)から1月3日(木)までは閉庁日、冬季休業は1月15日(火)までとなっています。
11:00 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2018/12/27

土本君 最優秀賞

Tweet ThisSend to Facebook | by 1学年
 第7回「井上靖記念館青少年エッセーコンクール」の授賞式が今月中旬、旭川市に於いて行われました。本校1年土本翔大君が最優秀賞を受賞し、表彰式に出席しました。


11:10 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2018/12/26

英語ふるさとアンテナショップ

Tweet ThisSend to Facebook | by netcommons管理者
   
   
 本日12月26日(水)、ニセコモイワスキーリゾートの山麓センターロッジにて、寿都町英語ふるさとアンテナショップを実施しました。昨年度も実施しましたが、今回は外国人利用客に対して試食を提供することをメインに行いました。
 児童・生徒が3、4名で一つのグループを作り、寿都町の特産品を紹介し試食してもらいました。たくさんの外国人の方々が快く対応してくれました。中には購入してくれた方や児童・生徒の様子を撮影する方、日本語で「頑張ってね」と声をかけてくれる方などがいました。
 最初は緊張して消極的ではありましたが、すぐに慣れ、教員の合図なしで自分たちのタイミングで積極的に交流する姿を見ることができました。

 今年は寿都町内で地域の方と話すことが多く、「大人が手をかけすぎている」「失敗を経験することも大事」という意見をよく耳にしていました。
 今回の取組は「最初の促し」はあったものの、その後は最低限のアドバイスのみだけで生徒の自主性を大切にしました。これこそが「生徒の自主性」という言葉に甘えず、だからと言って手をかけすぎない指導だと感じることができました。
 児童・生徒にとって良い経験になったと同時に、教員にとって「指導」と「生徒の自主性」のバランスを考える良い機会となりました。

 「平成」という時代が終わります。新しい時代に対応できる人材の育成が求められる今、まずは教員に、地域に、新しいことを取り入れる柔軟さが求められているのではないでしょうか。
 教育も日々進化していきます。新しい時代で「小さな学校だからできること」をこれからも考え実践していきたいと思います。

15:27 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2018/12/20

球技大会

Tweet ThisSend to Facebook | by 生徒会
 12月20日(木)に球技大会を実施し、ドッジボール、バレーボール、バスケットボールの3種目を学年対抗で競いました。生徒たちは総合優勝を目指して白熱した試合を繰り広げていました。

 
 
15:13 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
12345